イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イケメンジェネレーションはサッカー日本代表を応援します。

今日もまたサッカーについて語りましょうか。
まあ今年はthe World cup Yearなわけで。日本代表がほんとにベスト4に入れるかどうかも気になりますし。
日本は1次リーグでカメルーン、オランダ、デンマークと対戦します。FIFAランキングにおいて日本はこのグループでは最下位です。かなり厳しいグループに入ってしまったことには違いありません。しかしまだ勝機は見込めます。
その前に日韓とドイツでの日本代表を振り返っていきましょうか。
日韓はホームだった。だからホテルの施設の確保も充実していたし、家族との面会時間すらあった。で、日韓で有名なのが中村俊輔のメンバー落選。と同時にメンバー発表の会見時に記者達を驚かせたことが一つある。それはトルシエ政権下では一度も代表ではなかったゴン中山と秋田のメンバー入りだった。この二人は年齢的にも体力技術で劣っていた。しかしこの二人の存在がチームを強くまとめあげた。代表にはスタメン組とサブ組にグループが別れてしまうものだったが、決してスタメンになることのない二人が、練習に手を抜くことなくチームを盛り上げる存在になったのだ。この二人の存在が、分断された代表チームの橋渡し的存在となり、ワールドカップ勝利という大きなベクトルを生み出すことになる。
ではドイツはどうだったのか。ご存知の通り、全てが失敗に終わってしまった。トルシエと異なり、ジーコは特定の戦術を徹底させることもなく、わりと選手に任せていたので、戦術面で選手どうしが激しく口論しあうこととなり、中田英寿はチーム内で浮いた存在となり、チームもまとまりに欠けてしまった。
また、テレビ放映の関係で、試合の時間帯を調整させられたため、日が照るとても暑い状況下で試合をしなければならなかったりもした。(この問題は国内でも物議を醸す)
ワールドカップはただたんに実力だけの問題ではなく、その一つの目標にむかって、どれだけ綿密に準備を積めるかということにかかっている。そこを克服すれば今の日本代表にもほんとに勝機は見えるのだ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/26-c85865e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。