イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

THE すもう

「なんか面白いゲームやりたいなぁ」


そう思っていた僕の目に飛び込んできた、ひとつのゲームがあった。


[THE すもう]


僕とこのゲームの出会いは必然であったのだろう。
その場で購入を決め、さっそく自宅でプレイすることにした。


流行る気持ちを押さえ、電源を入れる。
説明書は、まだ読まない。まずは自分の力で、このゲームにぶつかりたかったのだ。


電源がつくと、おやおや、なんだか愉快な音色が聞こえてきたのだ。


「どすこいー、どすこい。どすこい。どすこい。」


陳腐な、いや、魅力的なリズムと共に軽快な「どすこい」の声が。
高まる期待、高鳴る鼓動。そして画面に躍るタイトル。

THE すもう

そしてモード選択画面。なになに、「アーケード」「対戦」「オプション」、、「立身出世」…?!
立身出世モードに後ろ髪を引かれる思いだったが、まずは対戦モードをやってみよう。


キャラクター(日本人、ハワイ人、モンゴル人、ロシア人)を選択し、土俵へ上がる。さあ、どんなシステムの対戦なのか。


ヒガァーシィーー
ニィーーシィーー

ハッケヨーイ
ノコッタ!!


なにその声wwこれ絶対スタッフだろww


とどのつまりただの連打ゲーである。誰かが「ストリートファイターみたいなゲーム?」と言っていたが、比べ物にならない。当たり前だけど。


取り組みの間が完全に無音なのは何?緊迫感を増すという意図とも思えないし、効果音もないので緊迫感もくそもない。あまりに現実味にかける。行司もなにもしない、画面の中心にいるだけ

アニメーションが手抜きすぎ。滑らかにヌルヌル動けとは言わないが、これは明らかに手抜き。完全にコマ送り。

取り組みは連打で勝敗が決まるため、腕が物凄く疲れる。テストプレイはしたのか甚だ疑問。6試合行ったが、それ以上はできないと感じた。

評価できるのは、決まり手によって表示される錦絵くらい。色々な決まり手を試してみたくはなった。


そして立身出世モード。


まあ、パワプロのサクセス的なモードなわけだったが、酷い。

ステータス(心技体、格、人気)があるのだが、いつ成長してるのかわからない。微妙にグラフが伸びたかな?と感じる程度。

曲は、タイトルのときに流れる曲(どすこい)と、立身出世モードで流れる二曲のみ。どちらも15秒くらいで一週するような曲。

最も困ったのは、場所ひとつ終えるまで、休憩もなければセーブもできないということ。前述の通り連打ゲーなので、一場所15試合もできるわけがない。しかしセーブもできないので、、プレイステーションを強制終了するに至った。


本当にクソゲーです
ありがとうございました
楽しいレビューできません。
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/33-e10e3e4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。