イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これからの音楽業界

レディオヘッドは多分世界的にイケメンに人気があるだろうよ。というこで、レディオヘッドについて語ろうかと。というか、レディオヘッドの最近の活動を通して、これからの音楽業界について考えようと思う。


ファイル共有ソフトを使って音楽を自由にダウンロードできることは世界的にも著作権の関係で、それ自体は収束しているようだ。これに対してレディオヘッドはフリーダウンロードに対して肯定的な見解を示している

レディオヘッドといえば、2007年のIn Rainbawsで業界に一つの革命をもたらした。ネットで音楽が簡単に買えてしまう昨今、カスタマーに価格設定を委ねるというシステムを取り入れたのだ。

より、音楽を手に入れやすいものとしてその可能性を限りなく拡げようとしている。


iPodの登場により、音楽をよりコンパクトに万人のポケットに収めることができるようになった今、レディオヘッドがこのように考えるようになったということは自然なことだと思う。


すると、万人の手中に音楽が収まることで、逆にアーティストのLiveの価値が格段に上がると思う。げんに、2007年12月のレッドツェッペリンの再結成Liveでは、テレビ局がチャリティでチケット1枚をオークションに出品したところ1900万という破格値を叩きだした。
アーティストは、ただCDをだし不特定多数の人に音楽を提供するだけでなく、パフォーマンスにより一層磨きをかけなければならない。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/45-2fcdb090

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。