イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

非運のイケメン投手中里篤史の不幸

2000年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した中里篤史は昨年戦力外宣告を受けた。しかしそれは中里の壮絶な野球人生のほんの一つの出来事でしかない。


中里篤史は高校時代に完全試合を達成するなど、春日部共栄高校でエースとして活躍、2000年、中日ドラゴンズに入団する。その年の9月16日にジャイアンツ戦で5回1失点と好投して勝利投手となり、鮮烈なデビューを飾った。その150キロを超える美しく、ノビのあるストレートと端正な顔立ちは彼の天性の才能であった。
しかしエース候補として期待される彼を悲劇が襲う。その年のオフに階段から転落しそうになり、手すりをつかんだところ勢い余って肩を脱臼。この怪我は彼の野球人生を大きく狂わせる。
結局その怪我からなかなか回復せず、翌年、翌々年のシーズンを棒に振る。
いよいよ怪我からの回復に光が見えはじめた2003年オフ、またしてもトレーニング中に肩を痛めてしまう。03年04年は登板機会ゼロ、この間に監督は落合に変わり、中日ドラゴンズ自体は毎年優勝争いに絡む強いチームへと進化していく。
活躍する仲間を見つめながら、彼はリハビリを続けた。
そして05年ついに中里は復活する。私も観戦しにいった横浜スタジアムでの復活登板では四球2つで交代したものの大きな歓声が沸き起こった。翌06年、主に中継ぎとして自己最多の13試合に登板、シーズン終盤に活躍して日本シリーズにも出場。新庄剛志の引退打席では全球ストレートで三振を奪った。多くの日ハムファンが新庄引退に涙する中で中里の苦労を知る中日ファンもまた涙していたのであった。
翌07年こそ、いよいよ中軸として活躍してくれるだろうと誰もが思っていた。だが神はどこまでも中里に残酷であった。その年のオフシーズン、バランスボールから転落した中里は左腕を骨折してしまう。
しかし中里は諦めなかった。そのシーズンは出場しなかったもののリハビリを経て08年には開幕1軍を確保、奇跡の3度目の復活を遂げる。しかし数多くのケガのせいか満足な成績を残せず、背番号も18から70へと変更せざるを得なくなってしまう。
進退をかけて挑んだ昨シーズンであったが運悪く登板機会が乱打戦に当たるなど結果を残せず、上記のように戦力外宣告を受けた。
むしろ成績を考えると中日球団もよく我慢したほうだろう。しかし捨てる神あれば拾う神あり、読売ジャイアンツが中里との契約を発表した。

僕達は数多くのケガから何度も這い上がってきた中里を今までずっと見てきた。今度の困難もきっと乗り越えてくれるだろう。
そして、完全復活した姿を見せてくれるだろう。
非運のイケメン、中里篤史を僕達は応援し続ける。
スポンサーサイト

| 未分類 | 11:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/52-1711d3dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。