イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「週刊文春」(2010.2.18号)のAKB48に関する報道について

売れてきたアイドルが、誰々の愛人になっていた、(もしくは枕営業をしてた)というのは、ぶっちゃけ、よくある話だ。

記憶に新しいだけでも、南明奈、熊田曜子、優木まおみ、ほしのあきらは、知名度が全国区になるのと前後して、そうしたゴシップを流されている。(後ろ3人は島田紳介との関係!)

AKB48だって、これまでも愛人云々、枕営業云々の噂は月刊写真誌のゴシップ記事をはじめとし様々なメディアで流されてきた。
正直、「またか」という感じだし、天下の文藝春秋が首を突っ込むような話ではない。週刊文春の品格をおとしめる報道だと思う。エロ雑誌の三文記事と同じレベルの内容なんだから。
そういった報道は、1つのメディアが取り上げたら話題性を狙って他のメディアもこぞって流用していくものだから、情報がインフレし、素人には真偽の程は確かめようもなくなる。

だから、真偽のほどは今回も素人には推測できない。


去年から今年にかけてのAKB48の急なブレイクは不自然だ、とか訳知り顔に言う輩がいる。だが、芸能人のブレイクなんて大体急なものだし、アイドルならなおさらだ。だったらオードリーのブレイクの方がよっぽど不自然だし、事実、AKB48のブレイクはかなり落ち着いたペースだった。篠田麻里子はじめ、メンバーの個人での活動が安定してきたのはごく最近になってからのことで、それで仕事がもらえるならなぜ早くそうしなかったのか、そっちの方が不自然だ。。AKB48が嫌いな人の詭弁と思われる。


また、仮に篠田が窪田社長と特別な関係にあったとして、それが篠田のブレイクの直接の原因だと考えるのは安易だ。篠田は元々、ファンの要望で急遽メンバー入りした程人気があり、去年の総選挙でも3位の成績を残している。社長のお気に入りでなくても、篠田は仕事を貰えていたと見るのが妥当だろう。


イケメンは、この件に関しては真だとも偽だとも言わない。素人にはそんなことはわからないのだ。


しかし、これだけは言える。
この手のゴシップは、ブレイク途中のアイドルの何人かに一人は必ず引っ掛かる洗礼のようなものだ、ということ。そして、この手の報道をされたアイドルはみんな、醜聞を障害とせずブレイクしていく、ということ。前述の4人が好例だろう。
いま彼女らを見て、スキャンダルを思い出す人はどれだけいるんだろう?


P.S 人の書き込みを見ていると、どうも枕営業というものを勘違いしている人が多すぎる。
あるアイドルを売り出す場合、枕営業をするとすれば、それはアイドル本人ではなく、事務所の後輩や枕営業専門のアイドルの仕事になるのが普通だ。事務所は売り出したいアイドルは守るものだ。

P.S②
イケメンは、AKB48のファンではない。CDを買ったこともないし、劇場に足を運んだこともない。他人より詳しい自信はあるが、それはアイドル業界を俯瞰して考察しているからだ。よって以上は、あくまで中立的立場からの意見だ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>篠田は元々、ファンの要望で急遽メンバー入りした程人気があり、去年の総選挙でも3位の成績を残している。

これらの点も含めて、彼女の「公式経歴」が悉く事務所(社長)側の「捏造」だった、と考えれば、全ての辻褄が合う訳ですが。まあ、深読みし始めればキリがない、と言われればそれまでですが。今回の報道が「新潮」ではなく、「文春」だということも、割と大きいのでは。新潮は去年も壮大な大誤報をやらかしましたが、文春は少なくともここ数年はそういったミステイクは犯してませんからねぇ。

なんか「天下の文藝春秋」などと書いてらっしゃいますが、週刊文春にしろ文藝春秋にしろ、それほど格調高い雑誌ではないと思いますよ、昔から。今回の記事に目くじらを立ててるとするならば、やはり何らかの思い入れがアナタ自身にあるからだと言われても仕方がないでしょうねぇ。

| 罵愚 | 2010/02/14 02:37 | URL |

AKBナントカというグループ、ブレイクしてたんですか。私には全くそのようには思えませんが。「需要もないのに強引に番組出演を果たす」ことを「ブレイク」というのなら、確かに彼女たちは「ブレイク」したのかもしれませんが。昨年の紅白などがその典型例ですね。たいして売れてない彼女たちが何故ああいうふうな国民的な番組に出られるんでしょうか。ま、GNDとその点では同類ですかね。

>P.S 人の書き込みを見ていると、どうも枕営業というものを勘違いしている人が多すぎる。
あるアイドルを売り出す場合、枕営業をするとすれば、それはアイドル本人ではなく、事務所の後輩や枕営業専門のアイドルの仕事になるのが普通だ。事務所は売り出したいアイドルは守るものだ。

これは事務所の考え方によるでしょう。アナタのいうような形をとる事務所もあれば、そうでなくて本人も含めた形をとる事務所もありますよね。いかにも自説だけを唯一絶対のような主張をしておいて「中立的立場からの意見」もないもんですな。「勘違い」しているのは、アナタの方です。もうちょっとマシな文章を書かれたらいかがですか。アナタの構成力、今どきの中学生にも劣ると思いますね。まあ、アナタの正体が仮に小学生以下なら、立派な文章力だと褒めてあげましょう(笑)。

| 罵愚 | 2010/02/14 02:49 | URL |

罵愚さん、コメントありがとうございます!ヾ(^▽^)ノ

大変丁寧なコメントだったので、こちらも一つひとつ丁寧に答えていきたいです。



①週刊文春の格調云々について

まあ、週刊文春の格調が別に高くないことは僕でもわかります。けど、エロ写真と都市伝説みたいなゴシップ記事で構成された低俗な雑誌、例えば「実話ナックルズ」とか、とは格調を考えれば別ジャンルでしょう。
(いや、そういった低俗雑誌もそれはそれで面白いもんです!否定してませんよ!僕も愛読してます。)
このAKB48の話は、そういった雑誌ががやがや言って、それを見ながらあーだこーだ皆で言ってればよくて、週刊文春がわざわざ取り上げることじゃない、と言いたかったんです。



②誤報云々について

これもどうでもいいんですが、僕は誤報だとは言ってません。ただ、これを見て、文春は問題提起してるだけなのに、それを事実ととって騒いじゃう人がいるでしょ。だから、ホントはどうかわかんないよ?って言ったんです。
僕の主張は、この情報の真偽とは関係ないです。もう一度僕の記事を読めばわかると思います。
でも、こういう情報提供者が匿名の記事って、実は誤報だらけなんじゃないか?と僕が思ってるのは事実です。
新潮社の件は、情報の扱い方がでかくて、しかも新潮社が誤報と認めたことが異例中の異例なんです。今回の文春の記事はそんなに大々的な記事じゃないし、そうした例外を例として持ち出すのはここにはそぐわないと思うのですがねぇ。



③ブレイク云々について

AKB48はブレイクしたんでしょうか?僕もわかりません。
ただ、AKB48のCD等の売上が大きく伸び、メンバー個人の知名度も上がってきていることは事実だし、それは少数のファンの大量購入等のみには帰着できないでしょう。
僕の周りを見る限り、女子には敬遠されてきたAKB48ですが、今年に入ってAKBファンを自称する女の子が増殖しています。それによって男子がAKBファンを自称しやすい土壌もできています。まあつまるところ、自称ファン=俄かファンが急増してるってことです。
その一方、曲の歌詞やPVのクオリティーが低いままで、一向に良くならないこともあり、デビュー時に可能性を感じていたガチのファンは離れていってもおかしくない状況だとも思います。だから、CDや写真集を大量購入するファンはさほど増えてないか減ってるでしょう。

俄かファンも含めた「ファン」の数が殖えることを「ブレイク」の定義とするなら、俄かファンを急激に殖やしているAKBは現在(2010年2月時点で)ブレイク途中と言えるんじゃないでしょうか?



④枕営業云々について

僕が書いた枕営業のシステムは、過去にアイドルをやってた女性が話していたことです。
でも、本人の枕営業ってメジャーなんですかね?
罵愚さんの情報元あったら教えて下さい!



⑤イケメンのAKB48への偏愛云々について

グラビアでたまたま見たりして好きになったメンバーはいますし、PV見てればメンバーだって覚えますけど、AKB48自体は別に好きじゃないです。
文春の報道がAKBじゃなくて他のどのアイドルだったとしても、全く同様の意見を言ったでしょう。
AKB48というシステムは発明だと思いますが、どうもアイドルグループとしての在り方がいびつ過ぎて心から応援できません。
「マジすか学園」というドラマを観ると、AKBのことがより嫌いになれますよw



⑥文章の構成云々について

暇な時にケータイで書いてる駄文なんで、文章の構成がよくできてたら逆に凄いかと。
そのくらい過去の更新を見ればわかると思うんですが、罵愚さんの判断力が小学生以下なのかもしれません。
これに関してはマジでバカかと思った。



まぁいずれにせよ、重箱的なつっつきだけで僕の主張そのものに対する反駁はなかったようなので、概ね賛同いただけてるのだと思います。

以上の解答で納得いかない点がございましたら再度コメントいただければ幸いです!

| hoysoy4!men | 2010/02/16 10:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/53-afcc6c63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。