イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボーイズ・オン・ザ・ラン

以前PVを記事で取り上げましたが、今日映画を見てきました。
これは・・・すべての男のための映画だ!絶対見ろ!3回見ろ!
え?
イケメンと違ってそんな金無いって?
そんならモヒカンカット+メガネにすれば無料で見れるからそれで見ろ! 
え?女です、って?
女でも大丈夫だ。モヒカン割引は女にも適用だ!
あ、ちなみにソフトモヒカンはモヒカンにあらず!認められないから注意しろよな。
もちろんイケメンはモヒカンにして、金払ってみてるぜ!!!
(以下ネタバレあり)


ボーイズ・オン・ザ・ランは花沢健吾氏の原作マンガが非常に有名。
彼の出世作でもあり、代表作でもある。
そのお話の中盤までを実写化したのが本作である。
監督は三浦大輔、念のため断っておくと横浜ベイスターズの選手ではない.

本作の見所はなんといってもモテない男目線で、不条理な社会を熱意を持って必死で生き抜く主人公、田西を銀杏ボーイズの峯田が体当たりで演じていること、これに尽きる。特に意外な演出はなく、原作通りの物語の進行でここまでの共感を呼ぶのは原作と役者の調和によるところが非常に大きい。

物語は一貫して不器用な男が女を追う構図で進む。主人公は酒の話で同僚の女性(ちはるちゃん)と仲良くなる。ところが隣人の風俗嬢と誤解を招いてしまいフラれてしまう。ちはるは主人公をフッたあとライバル会社の男と寝て、企画を取られた挙句妊娠させられて退社、しかも捨てられてしまう。男は復讐を誓って決闘を申し込む。

だが主人公に決闘をする明白な理由は存在しない。あるのは「企画を取られた」という建前だけだ。ちはるちゃんは主人公の何でもないし、そもそもちはるはいまだライバル会社男に未練タラタラである。でも、一発あいつの顔面に叩き込みたい、その思いが主人公を突き動かす!ここからトレーニングが始まる。会社の酔っぱらいを相手にしたしょぼいトレーニングだ。でも必死だ、ちはるちゃんのためにしか必死になれない男は屋上で拳を振り続ける。ここに燃える、共感する、叫ぶ、男泣きする!

結局主人公はボコボコにされた挙句一発も殴れない。マウントポジションをとられて小便をひっかけるだけだ。
なぜか?それはちはるちゃんがライバル会社男に必殺技を教えていたからだ!何だこのビッチは!?なんでこんな冷酷な男にひっかかるんだ?おかしいよ!世の中おかしいよ!

退社して田舎に戻るちはるちゃんを主人公は見送りに行く。顔は腫れ上がり、メガネは割れて股間はビショビショだ。
しかし彼女が発した一言は主人公ではなくライバル会社の男を心配する一言だった。
なんだよ!ふざけんなよ!俺はこんなに殴られたんだぞ!主人公は言う。
「あいつの同僚とも寝たって聞いたぞ、なら俺にも寝かせろよ!」
「なんで俺じゃだめなんだよ!」
「ダメならせめて口でしてくれよ!」
ちはるちゃんは言う。
「フェラなら、してあげるよ!?トイレ行こ!」

主人公「そんなんじゃねーんだよ!」(猛烈な共感!何だこの女は!)

結局主人公は女を電車に放り込む。でもその後主人公が、心配してきた駅員に向けた笑顔が、最高なんだ、なんていい笑顔なんだ、素晴らしい!ラストシーンは走り続ける主人公だ。涙が止まんねえよ!

結局僕たちは走り続けるしか無いんだ!ビバ!ボーイズ・オン・ザ・ラン!

わかったか、すべての非モテ、童貞諸君!そして僅かなイケメン達も!この映画を見ろ!

P.S.
ちなみに「おっぱいバレー」と違い、おっぱい出ます。

P.S2
おっぱいがでても全く嬉しくないのは「バグダッドカフェ」に続いて2回目です。
スポンサーサイト

| movie | 20:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この記事を読んで、ボーイズ・オン・ザ・ランという映画に、とても興味を持ちました。


モヒカンにすることはできませんが、今度ひとりで見に行こうと思います。
勿論、劇場には男だらけですよね?一人身ばかりですよね?カップルが笑いに来ていないことを切に願います。

| スティングレイ | 2010/02/12 21:18 | URL |

コメントありがとうございます。
男だらけです。そしてみんな泣いていました。誰も立ち上がれませんでした。カップルが来ても恐らく冒頭の絡みのシーンで気まずくなって退場するので大丈夫と思われます。

| hoysoy4!men | 2010/02/12 21:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/56-fb1f07da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。