イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イケメン名画座紹介

イケメンは、このブログに書いている以外でも、劇場でかなりの数の映画を観ている。

どこで?

そう、名画座で。

名画座とは、かなりざっくり説明すると、新作としての公開が終わった映画を時期をおいて再上映する映画館で、多くの名画座では1年中、2本立て上映をする。
上映作品の古さは、劇場にもよるし時期にもよるが、非常にまちまちだ。数十年前のものから数ヵ月前のものまである。

名画座の数は近年、ずいぶん減ってしまったようだが、イケメンが知っているだけでも都内には10ヵ所くらいの名画座がある。

中でもお気に入りの名画座をいくつか紹介したい。

まずは早稲田松竹。高田馬場にある。
ここは作品選びのセンスで言えば断トツ。基本的に半年以内にやった新し目のを組合せて2本立てをやっているが、たまに一人の監督を選んで特集を組んでくれたりする。いずれの場合も1週間同じ2本をやるので気軽に行けるのがよい。
最近で良かったラインナップは、

A・タルコフスキー特集「ストーカー」と「ローラーとバイオリン」
「レスラー」と「3時10分、決断のとき」
「2001年宇宙の旅」(1本のみ)
テリー・ギリアム特集「12モンキーズ」と「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

など。どれもツボをおさえたラインナップではないだろうか?


続いて、新文芸坐。「文芸坐」と呼んでしまうのは、改装前を知っている古参の人。池袋東口にある。
ここは、10日~2週間程度の期間中で、テーマに沿った映画を日に2本ずつ毎日日替わりで上映することが多い。
監督だけでなく、俳優や原作者で特集を組むこともある。最近では松本清張特集、萬屋錦之助特集などがあった。
「気になる日本映画達2009」、「スクリーンで観ておきたい珠玉の名編vol.9」など、その年に公開されて評価が高かったものをまとめて上映する企画も。
作品選びはやや雑だが、そういった企画で見逃した作品をフォローでき、大変ありがたい。
毎週土曜にはオールナイト上映があり、これがまためちゃくちゃ粋なラインナップばかりで助かる。
とにかく上映作品の幅が広く数が多く、いくら通っても飽きない名画座だ!


他にも、ド派手なアクションとバイオレンスをごちゃまぜにする浅草中映劇場や、
コアなB級映画ばかり寄せ集める新橋文化劇場など、
おすすめの名画座はたくさんある。イケメン諸君も、一度足を運んでみては?
スポンサーサイト

| movie | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/66-5521a570

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。