イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

AKB48、とりあえずの結論

AKB48は発明であった。

大人数というAKBの最大の特徴。これは取りも直さずクラスメイトのイメージである。
誰にでも学生時代があり、多くの人は学生時代への回帰願望を持っているはず。
自分がいくつなってどこで何をしていても、どこかで青春を謳歌している中高生がいる。彼らが青春を謳歌することは、自分にもかつてそんな時代があったことの証拠になる。
それが一部の人のAKB48を応援する理由だったのだと思う。

だから、AKBメンバーに可愛い娘が少ない、という批判ほど的外れなものはない。
クラスに可愛い娘が少ない、という理由で学校に行かなくなるやつはいない。ひとり可愛い娘がいれば、それだけで学校に行く理由になる。青春とはそういうものだ。

同様に、AKBにひとりでも可愛いと思えるメンバーがいれば、それはAKB48そのものを応援する自然な理由になる。

(まぁ、全員が全員ブスだというなら話は別だが、俺はそうは思わない…。)

AKBが発明と言ったのはそういうことだ。5人や10人のグループより、大人数の方がクラスのイメージに直結し易い。それがAKBが大人数である必然的理由だと思う。


だからこそ、他のアイドル以上にスキャンダルやバッシングを受けないように気を配るべきだったのだ。

俺の知っているクラスメイトには、少なくとも
友達になる交換条件として法外な金を巻き上げたり、
いい成績をもらうために教師と寝たりする奴はいなかった。

「AKB商法」とか、「愛人関係」とか言われることで、AKBのコンセプトそのものが崩壊したのだ。そんな情報を受けていまだにクラスメイト幻想を保てるとしたらどうかしている。

管理側は、悪評の部分に細心の注意を払うべきだったが、怠慢が過ぎた。最初のスキャンダルが売り出し中のアイドルグループとしては異例の早さだったことが証明している。重大なスキャンダルをやらかして解雇されたメンバーが複数名復帰しているという甘さ。個人的に倉持明日香は割と好きだけど親の力で復帰できる体制には呆れる。

スキャンダル・バッシングの多さは、この場合、AKBに反感を持つ人の多さを示している。当たり前だが。


クラスメイトとの相似というアイデンティティを完全に失ったAKB48。残ったのは排他性のみ。
しかも、この排他性が、ファン層の薄さと外部からの反感の直接の原因なのだから、救いがない。

去年、今年で増殖した俄かファンが離れるのは時間の問題。


あーあ、コンセプトは良かったのに、結果が追い付かない。剣岳点の記みたいだ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/80-69b6ecca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。