イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホリエモン、強制執行される

ホリエモンこと堀江貴文氏が昨日ブログで、強制執行されたことを激白した。

そのブログの内容であるが、要約すると「株主訴訟の一部株主が仮執行宣言の権利行使を行い、堀江氏の自宅が強制執行されたが自宅に資産は全く無かった。LDHに行けば800万円くらいすぐにもらえるのでこれはまったくの嫌がらせである。そして、これをウキウキ顔で撮影していたTBS社員が気持ち悪かった」というものだ。

そしてその後の記事でホリエモンを悪にしようと行動している、とマスメディアの姿勢を痛烈に批判している。

とりあえず、単純に記事だけ読んでみても、強制執行について

「んで強制執行って何の前触れも無く来るのね。
鍵屋使って合鍵つくって勝手に忍び込むんです。コソ泥並ですね。
昼飯食って家帰ったら知らない男達が数人。いやあビビリますよ。女の人一人暮らしとかだったら犯されるんじゃないかと思うかもしれませんね。」

とまるでなんてことも無いように飄々と書いていて非常に面白い。まさにこのような姿勢で書くことができる、そして他人の誤解なしにダイレクトに伝えることができる、ということが彼が望んでいたことなのであろう。

最近はAVの評論などでも評価を得ている堀江氏であるが、一時代前は「時代の寵児」と祭り上げられていたことを記憶している方も多いだろう。思えば彼が「時代の寵児」たりえたのもマスメディアの力によるところが非常に大きかった。
だが、5年にTBSラジオ株をめぐってフジテレビと大喧嘩、そしてその後の選挙出馬や証券取引法違反容疑などで悪のイメージが定着し、それをマスコミに巧みに利用されてしまった。そこには既得権(テレビ局や年功序列の恩恵を受ける者)と戦うという彼の姿勢が影響を及ぼしもした。その個性的すぎる彼の言動は誤解を呼び、イメージだけを先行させられる報道手法には、本来の自分との乖離を感じて苦しんだ一面があったのかもしれない。

そう考えると今の彼は非常に活き活きとしている。普通に考えると「AVの趣味が一周してニューハーフや熟女物をみている」なんて言えないだろう。しかしその視点から生み出される率直な意見が、多くのAVファンに受け入れられているのも股事実なのである。
参考:最近の堀江氏
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/81-6d2762c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。