イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゾンビ

romeo


「ゾンビ HDリマスター/ディレクターズ・カット版」を観た。場所はもちろん我らのシアターN渋谷!

言わずと知れた巨匠・ジョージ・A・ロメロの初期ゾンビものなのだが、今観てもとってもおもろいw

INTERESTINGというよりFUNNYの方の面白さ。


ゾンビが意外なほど弱いのだ。最近の凶暴化したゾンビに親しみ過ぎた俺らの世代(イケメンジェネレーション)は面喰らってしまう。

最近のゾンビは皆、身体能力が高い。猛スピードで追いかけてきたり、怪力で人間を捻り潰したりする。
でも、今回見たゾンビ達は違った。ゆっくりふらふらと歩いてきて、人間が片手でちょっと突き飛ばせば倒れてしまう。


弱っ!


ガラスの向こうにおびただしい数のゾンビが集まってくる場面。ガラスが割れて、ゾンビがなだれこんでくる……かと思いきや、ただガラスの向こうにいるだけのゾンビ達。


いや消極的すぎだろ!


想像してたよりもずっと弱くてやる気のないゾンビたちを見て、つい笑っちゃったよ。

30年かそこらでこんなに変わるものなんか。80年代以前のゾンビ映画は不勉強にも観てなかったので、新鮮な発見だった。

これが最初の方のゾンビなら、その頃のゾンビの特性は、食人と増殖の2点で、そこからいろんなパワーアップしたゾンビが出てきたのかな、と思う。

また30年後(28年後…?)には、今の俺には想像もつかないゾンビが出て来ているのだろうか?


でも、笑えるのは30年前のを今みてるからだけではない気もする。当時の感覚でもギャグと解釈できそうな所がいくつもあるのだ。
例えばエンドロール。バックではゾンビ達がふらふらとスケートリンクを歩いて、すってんころりと転んだりしている。映画の最後の最後でその絵面って明らかに笑わせようとしている。
そんな感じで端々に作り手の遊び心とか心の余裕が見えて嬉しかった。



特に序盤、撮り方が下手で、なんか位置関係とかよくわからなかったけど、後半には意外とうまいショットも結構あったり。最後に急に内臓ぐちゃぐちゃが出てきたのも嬉しい驚きだったし。そういう意味でもアンバランスな作品だったなー。シアターNっぽいと言うか。そこもこの映画の魅力。


とにかくおもろかったです!シアターN渋谷さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

| movie | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/83-555a9181

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。