イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐藤 清水 トリッキー 謝罪

先日の清水対広島の試合を皆さんはご覧になっただろうか。ああ、今巷で話題のあの試合である。


ほとんどのイケメンは知っているだろうけど、一応説明しよう。
広島の選手がドリブルでペナルティーエリアに侵入したシーン。清水のキーパーがすかさずその選手をとめるために飛び出す。まあサッカーってのはボールに対するプレイなら一応ファウルはとられないわけで、キーパーはボールに向けて手を延ばしますよ。しかし思いの他広島の選手がボールを前に蹴り出して、キーパーが手を延ばしてもそこにはボールはなくw
選手を倒してPKを与えてしまったわけです。



で、ここからが本題。ペナルティーエリアにボールをセットしたのはDF槙野。その場に居合わせた誰もが槙野がキッカーだと思います。そもそも槙野のPKには特徴がありまして、一度キーパーに対して背中を向けるという独特なものでした。
で、それを今回たくみに利用したんですね。
ボールをセットした槙野はいつも通りキーパーに背中を向けます。そして、その瞬間FW佐藤が蹴ったわけです。
この時すでにペナルティーエリアの外に槙野は出ていたので、別にルール違反ではありません。



これは当然物議をかもします。「日本に正々堂々という言葉はなくなったのか」とかなんとか言われてましたよ。


それについてJFAは、佐藤がスポーツマンシップに反してファウルを犯したとしてイエローカードを与えるべきだった、という見解を示した。審判本人によると、「どう判断すべきか迷った。目の前の出来事に困惑した。」とのこと。審判さん…やっちまったなー。


うーん、これは卑怯なプレイなのか、頭脳的かつトリッキーなプレイとして評価されるべきなのか、イケメンにはよくわかんないや。


ただ一つ言えるのは、この今回の件を通して一番かわいそうなのは審判であるってことですよね。
華の開幕戦なのにね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/85-ce693562

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。