イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のスピリッツ

ここ最近のマンガ雑誌の中でも、安定した面白さをみせてくれているスピリッツ。少年誌よりも露出が少ないキャスターや正統派女優を自誌連載のマンガ原作のドラマや映画のタイアップとしてグラビアにぶつけてくることでおなじみだ。

マンガ誌の立ち位置としては、アフターヌーンほどはオタクに寄っていないが、モーニングほど固くなく、オリジナルほど渋くない、それでいてヤング~とは一線を画す、という非常に中途半端なかんじである。ヤンサン休刊による人気作家の流れ込みにより一層これらのごちゃまぜ感が強くなったが、全体としては質が上昇した。そのかわりに連載陣が多すぎて、隔週連載や休載が昔の某T樫先生並に多い。

人気マンガは、おやすみプンプン(休載中)、アイアムアヒーロー、モグラの唄、闇金牛島くん、美味しんぼ、クロサギ、イキガミ(休載中)、アフロ田中シリーズ(新シリーズ開始まで終了扱い)などだろうか。

よく勘違いされるように、表紙がエロくないため、少年誌と青年誌の中間のように考えている人が多いが、セルフやこのSを見よ、などのエロ系もしっかりカバーしている。それでいて、みんな生きているやジミヘン、吉田戦車などのクセの強いギャグを好む傾向も見られる。

その他にもマガジン顔負けの王道野球マンガ、ラストイニング(これは適度にフィクションを意識したリアルな様子が他の野球マンガより優れている)や、このあいだ少し触れたザワさん、ロストマンなどのスポーツマンガも揃えている。

まあよく言えば広範囲に渡っている、悪く言えばジャンルがばらばらで中途半端な、連載と言うことができるだろう。

個人的にはこの雑誌は過去の作品についても語りたいのだが、それはまたの機会にして、今回は現連載中の作品について書こうと思う。

本日、読んで気がついたこと、それはスピリッツの作品はメディア批判を内包していることが多いということだ。ご存知、細野不二彦の電波の塔は天城キャスターが成り上がりつつもテレビ局の悪を暴く物語であるし(これはドラマ化されなさそうだ)、このSを見よは、明らかにAKBをdisっている(AKBをモトネタとしたアイドルが淫らになってしまうのだ!)(ちなみに来週はモトネタ勝間和代が淫らになりそうだ!って誰得だよ……)。ドラマ化などでテレビ局との太いつながりを大事にするかと思いきや、守りに入っていなくて好感がもてる。

特に顕著だったのが新連載から4週目のSPだ。先週、石原都知事がモトネタであろう人物と、メディアの癒着を描いたかと思いきや、今週は「権力と刺し違える覚悟」をもった自称ジャーナリストが、悪意を実行に移そうとし始めている。
まあこの作品では気になった点もある。この自称ジャーナリストは深夜に暗闇の中で、ノートパソコンの灯りのみの中でニヤニヤしながら2ちゃんに書き込みをするのだが、いい加減に、それを描くことで、人間の内に潜む悪みたいなのを表現したつもりになるの、やめないか。無意味なベタの反復で腹が立った。深夜に2ちゃんやって何が悪い、と。まあ期待していただけに軽く落胆した。



だが、イケメンとしては毎週質の高い連載を読ませてくれるスピリッツはかなり好きだ。これからも末永く楽しませてもらいたい。



この記事は書いてて書き足りないし、面白いので暇だったら今後他の雑誌でもやろうと思う。
スポンサーサイト

| 未分類 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/88-292134bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。