イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイレージマイライフ

大前研一は仕事、趣味、そして家族という3種類の、どれかひとつだけでもいいから、大事にできるものを見つけろ、と著書で説いた。もう10年以上前の話であるが、その達成という主題は人類普遍、永遠の課題の一つである。
基本的にこの映画はその3種類のものの間を行き来する話だ。主演はジョージ・クルーニー。中年の憧れのスターである。いわば中年界のペ・ヨンジュンだ。

嫌な予感はしたものの、新宿武蔵野館へ向かうと、狭い場内は大入り満員、熱気ならぬ加齢臭ムンムンの中年空間であった!イケメンもジョージ・クルーニーのように年をとりたいとは思うが、正直おっさんにモテてもなぁ・・・

(以下ネタバレあり)



というわけで、この映画は冒頭にも述べたようなテーマなのだが、一風変わった方向性に見えるのは新しい価値観と古い価値観、その対立軸をいくつか入れているからである。
例えば結婚について。現在アメリカの離婚率は日本の2倍以上というデータを持ち出すまでもなく、「結婚=幸せ」という概念は崩れ去っている。もちろん日本も例外ではない。結婚した後も延々と人生は続き、その中には離婚も、リストラもあるかもしれない。それまで行かなくとも家族神話はとっくに崩壊している今、妻は不倫に、夫は浮気に、子供は援交、さもなくばメンヘルに、はもはや当然の世界である。
こんな現状をリストラ宣告人という「処刑人」として知り尽くしたジョージ・クルーニーは結婚なんかしない。彼はマイルを1000万マイル貯めるためだけに飛行機に乗り続けるのだ。
しかし、そこに結婚願望を持つ23歳の新卒エリート女社員が登場する。彼女は明確な人生プランを持ち、少なくとも(!)23歳までには結婚、などとほざいている。明確な価値観の差異である。そしてその対立軸を中心にジョージ・クルーニーの妹の結婚、大切に思える人(ビッチ)の出現、という細かな事件が発生し、そしてそれらの事件は主人公の気持ちを変えていく。確かに結婚に意味なんて無いかもしれない、でも、大切と思える時間にはいつも、隣に人がいたではないか、と。
まあ、正直いうとそこまではかなり普通の話だ。まあ在り来りな映画なら、その大切な恋人に思いを伝えて、結婚して、ハッピーエンドだろう。だが、中年のノスタルジックな愛への思いは粉々に粉砕される。そう、主人公の恋人(みたいな人)は既婚者で、子供までいて、まさにジョージ・クルーニーこそが遊ばれていたのである。

というわけで僕たちは結婚どころか恋愛にさえ幻想を抱けないと言う寂しい時代を生きろと宣告されてしまった。

彼女は言う。「あなたも分かっていたんでしょう」と。たしかに、分かっていた。いたけど、でも、ジョージ・クルーニーが変わっていく過程で、気付けよ、勘違いさせんなよ!

とまあ結婚だけでこんな感じである。
家族についてもウィットの効いたジョークで笑わせつつも自由と責任という視点から痛いところを突いてくるし、仕事についても、GROLOCALなる時代を宣言する新卒エリート女子社員とジョージ・クルーニーとの対比を単なるデジタル、アナログという2つの方向を相容れないものとして分析するだけでなく、最後にはどちらかが勝つ、だが互いに理解はできるよね、という、「ハイブリッドな方向を示唆するというありきたりな手法」に寄らない結論を示すところに好感が持てた。(ぶっちゃけいうとリストラは直接言うもんだ、という結論になる。でもその女社員はたとえ退職届であってもメールで送る。そこにジョージ・クルーニーは理解を示し、そして一緒に研修してきた彼女のことを他会社に推薦する。)

というわけで、最後にひとり電光掲示板を見つめるジョージ・クルーニーは、状況としては映画冒頭のシーンに戻っただけなのに、とても寂しく見える。映画冒頭ではあんなにスマートで、カッコよく、颯爽としていた(と思わされた)のに・・・

P.S.余談だが、航空会社がスポンサーについているのか、航空関連は爽やかでカッコいい映画が多くて、好きだ。キャッチミー・イフ・ユー・キャンとかね。まあ沈まぬ太陽とかは例外として。
bitch
中央が問題のビッチを好演するヴェラ・ファーミガ

スポンサーサイト

| movie | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/95-24d4bd0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。