イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新生「シャーロック・ホームズ」は

別に新解釈じゃない

『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrと『スルース』のジュード・ロウが、名探偵シャーロック・ホームズと相棒のジョン・ワトソン博士を演じるミステリー大作。国を揺るがす謎の敵を前に、ホームズとワトソンの強力なタッグで壮絶な闘いを繰り広げる。共演は宿敵ブラックウッドに『ワールド・オブ・ライズ』のマーク・ストロングほか、レイチェル・マクアダムスら。『スナッチ』のガイ・リッチー監督が作り上げた、激しいアクションが満載の新ホームズに期待したい(Yahoo映画より)

池袋東急で昼の回を観た。幅広い客層がいて、満席に近いくらいだったかな。
で、映画の感想。

大衆向け娯楽映画のツボをおさえまくった演出に驚嘆した。
観客を置き去りにしないギリギリのスピードで物語を進め、観客の腰を引けさせない程度の甘いシリアスさを保ちつつ、ダイナミックなカメラワークで観客の心を掴み、コメディーに傾かないギリギリの笑いを散りばめる技量は素晴らしいの一言。ガイ・リッチーってこんなにバランス感覚に優れた監督だったっけ?

モリアーティ教授の映し方は顔だけ影になっててコナンの犯人みたいだし、謎解きの解説のために挿入されるフラッシュのカットはもろに「SAW」だし、そもそもメインの謎のトリックが江戸川乱歩の少年探偵団並みだし…。チープな所は多々ある。でも、まあいいじゃん?だって、商業映画だもん!という開き直りが見えて逆に清々しかった。

自分はシャーロキアン(シャーロックホームズマニアのこと)ではないが、子供の頃に原作の全作品を読破している。今回の、ロバート・ダウニーJr.演じるホームズは、従来のインドア風のイメージとは違い、果敢に戦うアウトドア派という新解釈になった、とされている。しかし、原作を読めば分かる通り、ホームズは結構いろんな所に出掛け、しょっちゅう体を使って戦っている。その「従来のイメージ」は、シャーロックホームズを知らない人のイメージであり、ホームズに詳しい人からすれば、今回の映画は、新解釈という程でもない。


てっきり、モリアーティ(ホームズの最大のライバル)との戦いが主軸になると思って観てたら、結局モリアーティは顔も見せず仕舞い。なんでも、今作の公開前に次回作が決まってたから、次がモリアーティ編になるらしい。日本を代表するシャーロキアン・大槻ケンヂ氏が、モリアーティだったら面白い人にニコラス・ケイジとミッキー・ロークを挙げていた。イケメン的には、フィリップ・シーモア・ホフマンがイメージに合ってるけど、殺陣ができないからダメか…。まあ、モリアーティが誰かも含めて、次回も普通に楽しみ。この調子で5~6作は行けんじゃないの?
シャーロック・ホームズ
スポンサーサイト

| movie | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hoysoy.blog100.fc2.com/tb.php/98-132023b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。