イケメンジェネレーション

イケメンの視点からすべての物事を語るブログ。相互リンク募集中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新生「シャーロック・ホームズ」は

別に新解釈じゃない

『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrと『スルース』のジュード・ロウが、名探偵シャーロック・ホームズと相棒のジョン・ワトソン博士を演じるミステリー大作。国を揺るがす謎の敵を前に、ホームズとワトソンの強力なタッグで壮絶な闘いを繰り広げる。共演は宿敵ブラックウッドに『ワールド・オブ・ライズ』のマーク・ストロングほか、レイチェル・マクアダムスら。『スナッチ』のガイ・リッチー監督が作り上げた、激しいアクションが満載の新ホームズに期待したい(Yahoo映画より)

池袋東急で昼の回を観た。幅広い客層がいて、満席に近いくらいだったかな。
で、映画の感想。

大衆向け娯楽映画のツボをおさえまくった演出に驚嘆した。
観客を置き去りにしないギリギリのスピードで物語を進め、観客の腰を引けさせない程度の甘いシリアスさを保ちつつ、ダイナミックなカメラワークで観客の心を掴み、コメディーに傾かないギリギリの笑いを散りばめる技量は素晴らしいの一言。ガイ・リッチーってこんなにバランス感覚に優れた監督だったっけ?

モリアーティ教授の映し方は顔だけ影になっててコナンの犯人みたいだし、謎解きの解説のために挿入されるフラッシュのカットはもろに「SAW」だし、そもそもメインの謎のトリックが江戸川乱歩の少年探偵団並みだし…。チープな所は多々ある。でも、まあいいじゃん?だって、商業映画だもん!という開き直りが見えて逆に清々しかった。

自分はシャーロキアン(シャーロックホームズマニアのこと)ではないが、子供の頃に原作の全作品を読破している。今回の、ロバート・ダウニーJr.演じるホームズは、従来のインドア風のイメージとは違い、果敢に戦うアウトドア派という新解釈になった、とされている。しかし、原作を読めば分かる通り、ホームズは結構いろんな所に出掛け、しょっちゅう体を使って戦っている。その「従来のイメージ」は、シャーロックホームズを知らない人のイメージであり、ホームズに詳しい人からすれば、今回の映画は、新解釈という程でもない。


てっきり、モリアーティ(ホームズの最大のライバル)との戦いが主軸になると思って観てたら、結局モリアーティは顔も見せず仕舞い。なんでも、今作の公開前に次回作が決まってたから、次がモリアーティ編になるらしい。日本を代表するシャーロキアン・大槻ケンヂ氏が、モリアーティだったら面白い人にニコラス・ケイジとミッキー・ロークを挙げていた。イケメン的には、フィリップ・シーモア・ホフマンがイメージに合ってるけど、殺陣ができないからダメか…。まあ、モリアーティが誰かも含めて、次回も普通に楽しみ。この調子で5~6作は行けんじゃないの?
シャーロック・ホームズ

| movie | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どんな映画を観たらいいのかわからないよ…、という人のために

世間で大々的に広告されている映画に興味を持って観に行ったら、何かしっくりこなくて、評論家のセンセイ方のレビューを見たらボロクソに書かれていた。で、センセイ方が奨める超マイナーな作品を観に行ってみたら、コア過ぎて訳分からんかった。
あーもう、何を観ればいいのかわかんないよっ!

というあなたにオススメな雑誌がある。
タイトルはズバリ、「この映画がすごい!」。
ほとんどの書店に置いてあるし、コンビニにもあったりするので、とりあえず手にとってみてほしい。
前半のセレブゴシップ写真記事を読み飛ばしていくと、
その月公開の映画Best5が載っている。30人の評論家・ライターがつけた得点を集計したランキングなので、偏りが少ない。Best5の中でも下の方になるとちょっと首を傾げたくなる作品も入ってくるが、1位は基本間違いがない。
だから、何を観ればいいかわからない人は、毎月「この映!」の1位だけを1本ずつ観てみればいいと思う。そのうち、映画の見方とか自分の好みも掴めてくるだろう。

参考までに、昨年の毎月の1位作品を挙げてみる。


1月号…エグザイル・絆
2月号…ヘルボーイ ゴールデン・アーミー
3月号…007 慰めの報酬
4月号…チェンジリング
5月号…スラムドッグ$ミリオネア
6月号…グラントリノ
7月号…レスラー
8月号…それでも恋するバルセロナ
9月号…3時10分、決断のとき
10月号…グッド・バッド・ウィアード
11月号…空気人形
12月号…パイレーツ・ロック

ほら、ハズレがないでしょ?ヘルボーイや空気人形は個人的には好きじゃないけど、どの作品も一見の価値があることは間違いない。
そして、このランキングのすごい所は、評論家のセンセイ方を納得させつつ、映画素人の人にも「すごい」と思わせる映画を選んでいること。観る映画に困っている方は是非とも参考にしてみてほしい。

因みに今年の1位作品はこちら。
1月号…カールじいさんの空飛ぶ家
2月号…かいじゅうたちのいるところ
3月号…インビクタス 負けざる者たち
4月号…ハート・ロッカー
5月号…第9地区

うーん、やっぱりハズレなし!「この映画がすごい!」がすごい!

| movie | 16:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハートロッカー 大傑作! レビュー

イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う爆発物処理班の兵士を描き、2009年の賞レースを席巻した戦争アクション。命知らずの兵士と仲間との確執と友情を軸に、緊張感あふれる爆発物処理の現場をリアルに映し出す。監督は『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。レイフ・ファインズやガイ・ピアースらが脇を固める中、『28週後…』のジェレミー・レナーが任務に命を懸ける主人公を熱演。迫力ある戦場の描写と、兵士の勇気の裏にひそむ心理の繊細な描写に驚がくさせられる(Yahoo映画より)

昨年の賞レースを独占した映画、ということで遅ればせながら観てきた。
正直、アバターも面白かったけど、その100倍くらい面白かったー!アカデミー賞納得!ジェレミー・レナーもイケメンとして親近感がわくのだが、今回の彼は際立ってよかった。戦争中毒の主人公を好演!おなじ中毒でも、セックス中毒のゴルファーとは違うぜ!まあセックス中毒の映画も(いやむしろそっちのほうが)見てみたいけど!
いや、あくまで文化研究としてだぞ、ホントに。

(以下ネタバレあり)

≫ Read More

| movie | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイレージマイライフ

大前研一は仕事、趣味、そして家族という3種類の、どれかひとつだけでもいいから、大事にできるものを見つけろ、と著書で説いた。もう10年以上前の話であるが、その達成という主題は人類普遍、永遠の課題の一つである。
基本的にこの映画はその3種類のものの間を行き来する話だ。主演はジョージ・クルーニー。中年の憧れのスターである。いわば中年界のペ・ヨンジュンだ。

嫌な予感はしたものの、新宿武蔵野館へ向かうと、狭い場内は大入り満員、熱気ならぬ加齢臭ムンムンの中年空間であった!イケメンもジョージ・クルーニーのように年をとりたいとは思うが、正直おっさんにモテてもなぁ・・・

(以下ネタバレあり)

≫ Read More

| movie | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おとうと

午前中の丸ノ内ピカデリーで、お爺・お婆に混じって山田洋次監督最新作「おとうと」を観て来た。公開7週目じゃから、もう終了間近なんじゃけど、人がそこそこいたんで驚いたわ。

アバター狂騒曲に隠れてしまったが、こちらも前作「母べえ」を上回る大ヒットを記録しているそうな。しっかり者の姉を吉永小百合、だらしない弟を笑福亭鶴瓶が演じる。
山田洋次×吉永小百合の前作「母べえ」は、戦時中の家庭の話で、堂々たる出来だったのだが…。今回の「おとうと」はちょっと残念な仕上がりに。

でもまずは、よかった所を挙げておきたい。
・吉永小百合と蒼井優が似て見える

二人は母娘という設定なのだが、時折、本当に血が繋がっているように見える瞬間があって、「家族」というテーマに重みを与えていた。

・最後の最後のまとめ方が鮮やか

小春(蒼井優)が再婚を決め、そのお祝いを家族だけでする。一度目の結婚の時は哲郎(笑福亭鶴瓶)を式に呼ぶのは嫌だと言っていた小春の祖母が、「今度はあの男を呼んでやらないのかい?」と言う。親戚から除け者にされているあの男が近頃かわいそうになってねぇ、と。
哲郎はもうこの世にいないことを、痴呆の祖母は知らない。母娘は、「そうね、今からでも呼んであげましょう」、「きっと大喜びで飛んで来るわ」と話をあわせる。吉永小百合が涙を拭きに立ち上がったところでエンドロール!
キレイにまとめてきた!って感じでしょ?

まあ特筆すべきはそのくらいで、あとは悪かったところ、と言うか違和感のあったところ。

俺にとってはとにかく違和感だらけの映画で、細かいことを言い出せばきりがないのだが…

・声のトーンの不整合。結婚式場の後ろの方でそのトーンでしゃべったら人振り向くわ。式場の外で少し離れている人にそのトーンで呼びかけてるし。ヒソヒソ声を集音すればよかったのに。
・人が亡くなった時に、ホスピスで世話していたとは言え、赤の他人が肉親を差し置いてべらべら喋るなよ。泣けるはずの場面が台無し。
・大阪のホスピスで働いている人がみんな標準語だった気がするんですけど…。

などなど。
違和感以外には、

・オープニング(蒼井優のナレーションによる設定の説明)の演出が下手すぎ。今年観た中では最悪のオープニング。
・役者さんはいいんだろうな、と思わせつつも、演技の付け方が悪い。加瀬亮、蒼井優の場面はちょっと見てられない時もあり、山田洋次監督が若い役者さんとちゃんとコミュニケーションが取れているのか心配になった。

などの欠点が目についた。

もう終わっちゃうんでわざわざ言うこともないけど、あまりオススメできる映画じゃなかった…。ごめんなさい。

| movie | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。